遺品整理をしていた際に発見!?美術品のお役立ち情報を分かりやすくご紹介

このサイトでは遺品整理をしていた際に発見されることも多い、美術品のお役立ち情報を分かりやすくご紹介しています。
思いがけない作品を発見して、扱いに困っている場合にはぜひ参考にしてみてください。
美術的な価値や多少の価値を持つ古い時代のアートや工芸品は、骨董品と呼ばれることもあります。
もし遺品を整理していて出て来た作品があれば、専門業者に鑑定を依頼するのがおすすめです。
一見すると古びていて価値があるように見えなかったとしても、意外なお宝かも知れません。

目次
  1. 遺品整理をしていた際に発見!?美術品のお役立ち情報を分かりやすくご紹介
    1. 美術品は芸術的価値がある作品の総称
    2. 美術品と骨董品やアンティークとの違いについて
    3. 古美術品はアンティークと呼ばれることもある
    4. 古美術品は古い美術品や工芸品などが含まれる
    5. 美術品の勘定科目は器具備品を使い資産に計上
    6. 美術品の法定耐用年数は取得価額が100万円以上か否かで扱いが異なる
    7. 美術品の取得価額により一括償却資産や少額減価償却資産などの選択肢もある
    8. 美術品梱包輸送技能取得士は国宝級の美術品などを運ぶエキスパート
    9. 美術品梱包輸送技能取得士になるための条件とは?
    10. 美術品を売却するときは売りたい品物の種類を得意にしている専門店を選ぶ
    11. ホームページで過去の美術品の取引事例をチェック
    12. 美術品を買い取る会社は古物商許可を得ている
    13. 絵画は西洋画と日本画の2つに分類される美術品の一つ
    14. 美術品は保存状態で価値が大きく変化する
    15. 意外な価値があり高値で買い取ってもらえるかもしれない美術品
    16. 美術品は資産価値を持つ投資の手段として注目されている
    17. 美術品の価値の有無は自分で勝手に判断しないこと
    18. 歴史的に高い価値を持っていることもある美術品
    19. 美術品などを扱うことを専門にしている資格
    20. 意外な価値があり高値で買い取ってもらえるかもしれない美術品
    21. 美術品は資産価値を持つ投資の手段として注目されている
    22. 美術品の価値の有無は自分で勝手に判断しないこと
    23. 歴史的に高い価値を持っていることもある美術品
    24. 美術品などを扱うことを専門にしている資格

遺品整理をしていた際に発見!?美術品のお役立ち情報を分かりやすくご紹介

遺品整理をする際に様々な美術品が見つかったという人もいるのではないでしょうか。
長年倉庫や押し入れなどに眠ったままになっていた美術品の中には、価値あるアイテムが混ざっていることも考えられます。
売れないと考えて処分してしまっては、後になって後悔をすることになるかも知れません。
そのようなことを避けるためには、美術品を専門に扱う業者に鑑定してもらうと良いでしょう。
思いがけない価格で買取りして貰えることもあるからです。

美術品は芸術的価値がある作品の総称

買取方法や手続き方法や店舗の場所や買取強化キャンペーンや入金までのスピーディーさや査定方法など、リサイクルショップや質屋やオークションサイトやフリマアプリなどで何かを売るときにチェックするポイントはいくつかありますが、取り扱っているジャンルもその一つです。
細かく区分されている場合もあれば、大雑把なくくりでジャンル分けされている場合もあります。
ホームページを見ていて、美術品というジャンルの曖昧さに迷った経験がある方は多いのではないでしょうか。
美術品とは芸術的価値があるものの総称であり、絵画や掛け軸や彫刻やオブジェなどがそれにあたります。
食器や工芸品や家具やインテリア雑貨や楽器やアクセサリーやバッグや靴など、見た目が美しいものを美術品に分類される場合も多く、造形的に美しくて本来の用途よりも芸術的な要素のほうが強ければ美術品として認められたりなど、定義が不明確なこともあります。
取り扱うお店によって定義は少し異なるという解釈をするのがよいでしょう。

美術品と骨董品やアンティークとの違いについて

美術品や骨董品、そしてアンティークはいずれも嗜好品のイメージがあります。
同じ意味で使われる言葉ですが、厳密には意味が異なるので取引を行う際は注意しなければいけません。
美術品は絵画や彫刻、工芸など鑑賞を目的とした作品全般を意味する言葉です。
美術的な価値は作者の知名度や感性、市場の需要などで決まる傾向にあります。
骨董品は美術品の中でも特に希少性が高い物に用いられます。
違いとして、骨董品は鑑賞目的で作られた作品ではない物も該当することがあります。
明確な基準はありませんが、100年ほど経過した古道具が骨董品と称されるのが普通です。
一方で古めかしい物を揶揄する意味もあることから、古道具のすべてが高い価値を持つとは限りません。
アンティークは骨董品を意味するフランス語ですが、一般的には100年以上前に欧米で作られた美術品や家具に用いられる言葉です。
また、19世紀以前に流行したデザインを模した物はアンティーク風と称することがあります。

古美術品はアンティークと呼ばれることもある

古美術品とアンティークの違いは何かというと素人から見るとよくわからないというのが正直なところですが、どちらも古いものを指していることはわかります。
アンティークとはアメリカでは製造時点から100年を経過した手工芸品、工芸品や美術品のことを言い古美術品とほぼ同意味でつかわれています。
しかし古美術品という場合は日本、中国や韓国など東アジアで作られた物を指すことが多くヨーロッパで作られた物はあ まり使われることはないようです。
それから00年を経過していない比較的新しい品はヴィンテージといい、なかでも1950年代~70年代のアイテムに使うことが多くややカジュアルであったりします。
そして自宅の押し入れや実家の土蔵にある古いアイテムで価値がよくわからないものがあれば、長年の実績がある骨董品買取店で査定してもらうことをおすすめします。
鑑定経験豊富で専門知識を持った骨董品買取店なら、アイテムの価値を正しく判断できるので思わぬ高値がついてお小遣い稼ぎのもなります。

古美術品は古い美術品や工芸品などが含まれる

お酒や切手や玩具や本や家具やデニムや車やバイクや靴や腕時計など古ければ古いほど価値が高まる傾向にあるものは世の中に数多く存在しますが、美術品もその代表格です。
古くて価値のある美術品のことを古美術品と呼びますが、その中には工芸品や絵画や彫刻などが含まれます。
定価はありませんが相場はある程度決まっています。
年代の古さだけではなく、作家の知名度やデザインの良さやサイズやコンディションや鑑定書の有無や世の中に出回っている作品数や話題性やトレンドなど、ありとあらゆる要素を織り交ぜた査定がなされ、買取価格はその時々で変動したりもします。
大宝が家に眠っていてそれを手放そうとしているなら、お手軽なリサイクルショップや簡単なフリマアプリなどを利用して売るのではなく、古美術品を専門的に取り扱い目利きの鑑定士がいて販売実績も豊富なお店で売るのがベストです。
専門店ならではの信頼・ノウハウがあり安心ですし、的確な評価がなされ納得したうえで手放せるはずです。

美術品の勘定科目は器具備品を使い資産に計上

美術品を企業などが購入した場合には、経理の方法を正しくおこなう必要があります。
美術品を仕訳する時に使用することができるのは、器具備品という勘定科目です。
こうした勘定科目を使用するのが最適なのは、会社の中で使用する備品の一つと考えることが適切だからです。
美術品を会社のオフィスに飾る場合に購入した場合なども、こうした勘定科目を使用するのが適していて、会社が所有している資産の内容を帳簿に正確に分類できます。
仕訳帳へ記入する場合には、器具備品を借方に記入する必要があります。
借方とは左側の部分のことです。
右側の部分のことを貸方と言います。
借方には主に法人が所有している資産などを記入します。
左側の貸方には、それに対応した勘定科目を記入する必要があります。
どのような方法で美術品を入手したかによって貸方に書く勘定科目が違っていて、現金で購入した場合には現金預金の科目を使用します。
後払いで購入した場合には、未払金という科目を使います。

美術品の法定耐用年数は取得価額が100万円以上か否かで扱いが異なる

美術品の法定耐用年数は減価償却に関連しています。
美術品は100万円未満の品であれば、原則減価償却できますが、100万円以上の場合、原則は減価償却しません。
この基準は原則であり、年数の経過によって価値が減少することが明らかである場合、100万円以上の物でも減価償却することが可能です。
年数の経過によって価値が減少することが明らかな場合とは、不特定多数が出入りする会館のロビーや斎場のホールのような場所に装飾用や展示用に設置されたもの、移設することが困難で当概用途にのみ使用されることが明らかなもの、他の用途に転用すると仮定した場合に、その設置状況や使用状況から見て、美術品等としての市場価値が見込まれない物であること、という三つの要件を満たす場合があります。
減価償却時の価格には、額縁などの付属品や運送費や据付費、手数料など、取得の必要な費用も含まれます。
法定耐用年数は、100万円以下の品物で「器具及び備品」の室内装飾品に該当する物は、金属製の物で15年、その他の物は8年です。
100万円を超えても、超えなくても、古文書や出土品、異物のような物は減価償却できません。
また、2015年以前に取得したものに関しては、以前の基準で算入します。

美術品の取得価額により一括償却資産や少額減価償却資産などの選択肢もある

美術品を購入した場合には、正しい方法で経理することが必要です。
経理する時に注意しなければいけないのは、美術品の取得価額です。
どれくらいの対価を支払って購入したかによって、適切な経理方法が変わることもあります。
取得価額によっては、一括償却資産として経理できる場合もあります。
一括償却資産とは、取得価額が20万円未満の備品や工具などのことです。
こうした条件に当てはまっているものならば、特別な方法で減価償却ができます。
通常の資産の場合には、貸借対照表に計上された資産は毎年一定の方法で減価償却をすることになりますが、この資産に該当する場合には各事業年度ごとに毎年資産の取得価額の3分の1ずつ、償却費に計上できます。
通常よりも短い期間で減価償却ができるので、法人にとっては有利になります。
美術品は少額減価償却資産として経理できる場合もあります。
取得価額が10万円未満のものがこうした資産に該当し、購入した事業年度に全額損金に計上できます。
>

美術品梱包輸送技能取得士は国宝級の美術品などを運ぶエキスパート

美術品梱包輸送技能取得士は、国宝に指定されている美術品の取り扱いに関する知識や技術を持ったエキスパートです。
国宝に指定されている品は輸送はもちろん、箱の出し入れなど取り扱いに細心の注意を払わなくてはいけません。
適切な湿度や温度での保管が義務付けられている物も多く、安全管理を目的に作られた資格と言われています。
資格は3級から1級までの3クラスです。
3級の試験で求められるのは、美術品の取り扱いや梱包、輸送までの基礎知識なので、合格率は77%と高めになっています。
2級は3級の取得から5年以上の経験を積んでいることに加えて、独立して作業ができるレベルに達していることが合格の条件です。
平均合格率は70%前後と3級よりも難易度が高くなります。
1級は2級資格の保持に加えて10年以上の経験していなければ試験を受けられません。
現場で作業員に指示ができる管理者としての資質、輸送に関する設計能力が求められます。
合格率は2級よりもさらに低い60%前後です。

美術品梱包輸送技能取得士になるための条件とは?

美術品梱包輸送技能取得士とは公益財団法人博物館協会が2012年から認定試験を実施している資格です。
博物館や美術館の美術品の取り扱い、梱包、輸送の技術伝承、後継者育成のために設けられました。
1級~3級まであり、試験は毎年1回実施されています。
受験資格は各級毎に条件が定められています。
1級は「全ての分野の作品について所有者・学芸員の指示の下独立して取り扱うことができ取扱いの難しい作品の梱包設計が行える水準」を合格レベルとし、受験資格は経験年数が10年以上ある2級取得者です。
試験は筆記と口頭試問です。
2級は「全ての分野の作品について所有者・学芸員の指示の下独立して取り扱うことができ現場で作業員の監督ができる水準」を合格レベルとし、受験資格は経験年数が5年以上の3級取得者です。
試験は筆記、実技2種、面接です。
3級は「需要が多く比較的取扱いの容易な陶器、額装作品、掛物などを所有者・学芸員の指示の下独立して扱うことができる水準」を合格レベルとし、受験資格は2年以上の経験年数です。
試験は筆記と実技2種です。

美術品を売却するときは売りたい品物の種類を得意にしている専門店を選ぶ

美術品を売却しようとする際、とにかく多少なりとも美術を取り扱っているようなお店であればどこでも良いわけではありません。
一口に美術品といっても、博物館や美術館の展示物を思い浮かべてもらえばすぐに分かるように、その種類・時代背景・国や地域などの違いがあり、それらが異なることで全くの別物扱いと言ってもよいほどに専門性は変わってくるのです。
そのため、売りたい品物を得意にしている専門店を選ばないと失敗します。
専門店はつまりその品物の本当の価値をしっかりと分かっているお店と言っても良いですし、相場を明確に理解していると言っても構いません。
この点があやふやだと、要するに買い取った商品がいくらで売れそうかお店側は全く自信が持てないわけですから、自分が損をしないためにははっきり言って安く買うしか手がありません。
売る側の立場からすればこんなお店には任せられないというか、こちらが損をしてしまうことは間違いないわけです。

ホームページで過去の美術品の取引事例をチェック

売りたい美術品があるときに、相場の把握が難しいと感じる方もいますし、専門店によって強みがあるため、得意分野の業者に依頼できるようにする事をおすすめします。
ホームページで過去の美術品の取引事例が掲載されているケースもあるため、チェックすることも大事です。
取引に関する情報を集めることによって、過去の実績を知り安心して買取の相談を行っていくことができるかを判断していけます。
高値で売ることができるように調査を行うことは重要であり、評判が良い鑑定士がいる専門業者に依頼できるようにする事をおすすめします。
トラブルが起こる心配なく、安心してうろに相談をすることができる環境を整えていくことは必要なので、信頼できるお店選びが課題となります。
実績があることで口コミ情報も集めやすく、初めて依頼するところも安心感を持てます。
スムーズに使わないものを売っていくことができるように情報を集めることを意識していくことも必要になります。

美術品を買い取る会社は古物商許可を得ている

日本でも美術品を集めることを趣味にしている人は沢山いて部屋に飾ってそれを見て楽しんでいますが、そういったものは誰でも気軽に扱えるわけではなく許可を得る必要があります。
最近では美術品を含めた骨董品を買い取ってくれる会社が増えていてお金が必要な場合にはコレクションとして集めていた絵画などを売るケースもありますが、こういったお店に努めている人も許可を得る必要がある点は注意が必要です。
美術品を買い取る会社は古物商許可を得ていてこの許可がないと取り扱うことができないので、誰でも闇雲に売り買いすることができずそれが安心して絵画などを売ることができる点に繋がっています。
彫刻や絵画など価値の高いものは高額の取引になるのである程度の知識が必要となりますが、その意味でも信頼できる人に買い取ってもらいたいと思っている人が多いです。
このように美術品を買い取る会社は古物商許可を得ているので、絵画などを売却することを考えている人はこの点についてよく確認するようにした方が良いです。

絵画は西洋画と日本画の2つに分類される美術品の一つ

美術品である絵画には日本画と西洋画が存在する特徴がありますが、基本的にどのような違いがあるのか知っておかないといけないです。
美術品の日本画はネーミング通りに日本の伝統的な絵のことであり、明治期に西洋画などが日本に取り入れられたことが影響して、日本画と呼ばれるようになりました。
日本画の場合は油絵具を使用していない特徴があり、一般的には墨汁などを使用しているのでシンプルな内容の絵になっていることが多いです。
高級な画材を使用している特徴もありますから、日本画は高値で売買されることも珍しくありません。
西洋画は油絵具などを大胆に使用して、写実的な内容になっていることが多いので、現在では西洋画のほうが人気が高くなっていることもあります。
そのため美術品を持っている場合は、どのような種類に該当するのかを調べておくといいかもしれないです。
いろいろな作品が存在するので、実際に持っている絵画によって価値にも大きな違いがあると考えられます。

美術品は保存状態で価値が大きく変化する

有名な作家の作品など、美術品の中には、とても価値の高いものがあり、自宅にその価値あるものが眠っている可能性があります。
美術品の保存状態はとても重要になるため、価値を下げてしまうことのないように注意することが求められます。
いたみが出てしまうと価値が大きく変化するため、正しい知識で保存ができるように早めの対処をおすすめします。
日差しが強い場所におくことで、劣化が進むこともあります。
価値が大きく変化するトラブルを避けるためにも、自分で管理するのが難しく、売ることも考えている方は、状態良いうちに売ってしまうことも選択肢の一つです。
美術品の買取は専門業者に対応してもらうことができるため、その価値を知る専門業者に相談することをおすすめします。
プロに相談をした結果、適正価格で売ることができます。
その美術品の価値を知る鑑定士に依頼できるように、お店の得意分野を調べてから依頼できるようにする事も大切なポイントです。

意外な価値があり高値で買い取ってもらえるかもしれない美術品

ヴィンテージギターやヴィンテージデニムやトレーディングカードやアンティークジュエリーや古銭や古文書やブリキの玩具など、意外な価値があり想像を絶する高値で買い取ってもらえる可能性があるものは世の中に沢山ありますが、美術品もそれに当てはまります。
100年以上前のアンティーク美術品だったり量産されていなかったり有名な作家によるものだったりすると、希少価値が高くなり相場を大きく上回る高価買取が実現するかもしれませんので、現金化するために安易にフリマアプリに出品したりリサイクルショップに持っていったりするのはNGです。
きちんとした査定をしてもらう必要がありますので、美術品の取り扱いに慣れている目利きの鑑定士がいる老舗の専門店で評価してもらい、本当の価値を知り納得したうえで現金化しましょう。
宅配買取を利用したり店舗に持ち込んだりする際のセキュリティーが気になる場合は、出張買取を依頼するのが安心安全です。

美術品は資産価値を持つ投資の手段として注目されている

美術品は、資産価値を持つことがあり賢く投資する手段としても注目されています。
一部の品は、時が経つにつれて価値が上昇することがあり、特に有名なアーティストや歴史的に重要な作品は、オークションや専門の市場で高額で取引される可能性が高いです。
投資ポートフォリオを多様化するために美術品を取り入れることで、株式や不動産などの伝統的な資産クラスとリスクを分散できます。
美術品は金融市場とは独立して動くため、景気変動の影響を受けにくい資産のひとつです。
美術品投資には税金優遇の利点があり、所得税や贈与税、相続税の規制において他の資産クラスと比較して優遇されることがあります。
投資はリサーチと専門知識が必要です。
アーティストの背景や作品の歴史、市場の動向などを理解することが投資成功の鍵となります。所有する際には、適切な保管と保険が必要です。
作品の価値を守り損害から守るために注意して保管し、万が一のために保険はかけておきましょう。
株式や債券と比較して売却に時間がかかる場合があるため、短期の資金ニーズには向いていません。
資産価値はアート市場の変動に左右されますが、適切な選択と管理が行えれば、魅力的な投資先となり得ますが、専門家の助言を受けることや、自己リサーチを怠らないことが大切です。

美術品の価値の有無は自分で勝手に判断しないこと

美術品の価値の有無というのは素人にはわかりにくいものであり、だからこそ自分勝手に判断しないことが大事です。
歴史的な価値のある作品だとしても、それが理解できる人でなければただの落書きやガラクタに見える世界であるだけに、勝手に判断をして処分をしてしまうと大損をしてしまうおそれがあります。
自分の家の物置にあった美術品が実は何十億もの価値があったというケースは確かに多くありませんが、個人が思っている以上に希少なものだったということは少なくありません。
お金を出して捨てるようなものが実は結構な高値で取引されるものであったということも十分に考えられることなので、価値の有無の分からない美術品が出てきたときには、専門家に見てもらうのが良いでしょう。
美術品の鑑定や査定は無料で行っている場所が多々あるので、そのような場所で一度見てもらってからその後の扱いを決めれば、希少なものを安易に処分してしまったということを避けることができます。

歴史的に高い価値を持っていることもある美術品

美術品の価値はさまざまな要素で決まります。
制作された年代も価値を決める重要なポイントです。
歴史的に高い価値を持っている美術品もあり、こうした作品は専門店でも高額で取引されています。
歴史的に高い価値を持っているのは、古い時代に作られたものです。
基本的に時代が古いものほど、価値が高くなることが多いです。
古い時代のものほど現在まで完全な状態で残っているものは少ないので、発見されれば非常に高額で評価されることもあります。
特定の時代に制作されたものも、高く評価されることがあります。
こうした作品の代表的なものは、優れた美術品が多く制作された時代に作られたものです。
中国にもこのような時代があり、日本にも多くの優れた作品が作られた時代があります。
新しい時代に作られた美術品であっても、古い時代のものより高く評価されることがあります。
有名な作者が制作した作品ならば、新しい時代のものであっても高額で取引されています。

美術品などを扱うことを専門にしている資格

日本には、美術品などを扱うことを専門にしている資格もあります。
こうしたものの中でも特に有名なのは学芸員です。
学芸員は博物館法という法律の中で定められている国家資格です。
学芸員になれば、公立の美術館などの施設で働くことができます。
公立の美術館などに学芸員を置かなければいけないことは法律で決められていて、美術に関する専門的な知識を生かしてさまざまな仕事をしています。
美術品の展示に関する仕事もしていて、美術館で開催する展覧会などを企画することもあります。
他の美術館から作品を借りて展覧会を開催することもあり、このような場合にも専門的な知識が必要になります。
美術品を安全に運搬するためにも専門家の重要な役目です。展覧会が開催されている最中には、来場者の接客をすることもあります。
美術館で働いている学芸員は、美術品を収集する仕事を担当することもあります。
本物を見極めることができる能力が必要になる仕事です。

意外な価値があり高値で買い取ってもらえるかもしれない美術品

ヴィンテージギターやヴィンテージデニムやトレーディングカードやアンティークジュエリーや古銭や古文書やブリキの玩具など、意外な価値があり想像を絶する高値で買い取ってもらえる可能性があるものは世の中に沢山ありますが、美術品もそれに当てはまります。
100年以上前のアンティーク美術品だったり量産されていなかったり有名な作家によるものだったりすると、希少価値が高くなり相場を大きく上回る高価買取が実現するかもしれませんので、現金化するために安易にフリマアプリに出品したりリサイクルショップに持っていったりするのはNGです。
きちんとした査定をしてもらう必要がありますので、美術品の取り扱いに慣れている目利きの鑑定士がいる老舗の専門店で評価してもらい、本当の価値を知り納得したうえで現金化しましょう。
宅配買取を利用したり店舗に持ち込んだりする際のセキュリティーが気になる場合は、出張買取を依頼するのが安心安全です。

美術品は資産価値を持つ投資の手段として注目されている

美術品は、資産価値を持つことがあり賢く投資する手段としても注目されています。
一部の品は、時が経つにつれて価値が上昇することがあり、特に有名なアーティストや歴史的に重要な作品は、オークションや専門の市場で高額で取引される可能性が高いです。
投資ポートフォリオを多様化するために美術品を取り入れることで、株式や不動産などの伝統的な資産クラスとリスクを分散できます。
美術品は金融市場とは独立して動くため、景気変動の影響を受けにくい資産のひとつです。
美術品投資には税金優遇の利点があり、所得税や贈与税、相続税の規制において他の資産クラスと比較して優遇されることがあります。
投資はリサーチと専門知識が必要です。
アーティストの背景や作品の歴史、市場の動向などを理解することが投資成功の鍵となります。
所有する際には、適切な保管と保険が必要です。
作品の価値を守り損害から守るために注意して保管し、万が一のために保険はかけておきましょう。
株式や債券と比較して売却に時間がかかる場合があるため、短期の資金ニーズには向いていません。
資産価値はアート市場の変動に左右されますが、適切な選択と管理が行えれば、魅力的な投資先となり得ますが、専門家の助言を受けることや、自己リサーチを怠らないことが大切です。

美術品の価値の有無は自分で勝手に判断しないこと

美術品の価値の有無というのは素人にはわかりにくいものであり、だからこそ自分勝手に判断しないことが大事です。
歴史的な価値のある作品だとしても、それが理解できる人でなければただの落書きやガラクタに見える世界であるだけに、勝手に判断をして処分をしてしまうと大損をしてしまうおそれがあります。
自分の家の物置にあった美術品が実は何十億もの価値があったというケースは確かに多くありませんが、個人が思っている以上に希少なものだったということは少なくありません。
お金を出して捨てるようなものが実は結構な高値で取引されるものであったということも十分に考えられることなので、価値の有無の分からない美術品が出てきたときには、専門家に見てもらうのが良いでしょう。
美術品の鑑定や査定は無料で行っている場所が多々あるので、そのような場所で一度見てもらってからその後の扱いを決めれば、希少なものを安易に処分してしまったということを避けることができます。

歴史的に高い価値を持っていることもある美術品

美術品の価値はさまざまな要素で決まります。
制作された年代も価値を決める重要なポイントです。
歴史的に高い価値を持っている美術品もあり、こうした作品は専門店でも高額で取引されています。
歴史的に高い価値を持っているのは、古い時代に作られたものです。
基本的に時代が古いものほど、価値が高くなることが多いです。
古い時代のものほど現在まで完全な状態で残っているものは少ないので、発見されれば非常に高額で評価されることもあります。
特定の時代に制作されたものも、高く評価されることがあります。
こうした作品の代表的なものは、優れた美術品が多く制作された時代に作られたものです。
中国にもこのような時代があり、日本にも多くの優れた作品が作られた時代があります。
新しい時代に作られた美術品であっても、古い時代のものより高く評価されることがあります。
有名な作者が制作した作品ならば、新しい時代のものであっても高額で取引されています。

美術品などを扱うことを専門にしている資格

日本には、美術品などを扱うことを専門にしている資格もあります。
こうしたものの中でも特に有名なのは学芸員です。
学芸員は博物館法という法律の中で定められている国家資格です。
学芸員になれば、公立の美術館などの施設で働くことができます。
公立の美術館などに学芸員を置かなければいけないことは法律で決められていて、美術に関する専門的な知識を生かしてさまざまな仕事をしています。
美術品の展示に関する仕事もしていて、美術館で開催する展覧会などを企画することもあります。
他の美術館から作品を借りて展覧会を開催することもあり、このような場合にも専門的な知識が必要になります。
美術品を安全に運搬するためにも専門家の重要な役目です。
展覧会が開催されている最中には、来場者の接客をすることもあります。
美術館で働いている学芸員は、美術品を収集する仕事を担当することもあります。
本物を見極めることができる能力が必要になる仕事です。

美術品に関する情報サイト
美術品のお役立ち情報

このサイトでは遺品整理をしていた際に発見されることも多い、美術品のお役立ち情報を分かりやすくご紹介しています。
思いがけない作品を発見して、扱いに困っている場合にはぜひ参考にしてみてください。
美術的な価値や多少の価値を持つ古い時代のアートや工芸品は、骨董品と呼ばれることもあります。
もし遺品を整理していて出て来た作品があれば、専門業者に鑑定を依頼するのがおすすめです。
一見すると古びていて価値があるように見えなかったとしても、意外なお宝かも知れません。

Search

更新情報